--.--.-- -- l top
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    このブログを気に入って下さった方は、facebookページの「いいね」をぜひぜひ!

    ブログの更新があったとき、facebookのタイムライン上に表示されます。


    2012.09.09 Sun l top

    突然ですが、私は編み物をするのが大好きです

    そして、当然ながら、編み物関係の本や雑誌もたくさん持っています。

    特に雑誌は次々と新刊を買ってしまうけれど、

    買った時にパラパラと見るだけでその後なかなか活用されません('A`)

    そこで、本や雑誌に載っている編み図をEvernoteに取り込むことに

     

    スキャンしたファイルは、

    以前に紹介した「Evernoteにファイルを取り込む方法」を使ってEvernoteに入れます。

    その後のノート整理に一工夫。

    編み物指導員の資格を持つ私は、本の編み図をそのまま編むことはほぼありません。

    本に載っているデザインはあくまで参考にするのみ。

    なので、ノートのタグには「袖」とか「裾」のように、いいなぁと思うパーツ名を入れておきます。

    他にも、やってみたい手法が書いてあった場合には 「使いたい」というタグをつけておきます。

    そうすることで、新しい作品をデザインするときに

    参考にしたい編み図を絞り込むことができるんです

    今までは編んでみたいなぁと思っても、なかなか作品に生かせていなかった編み図たちが

    日の目を見ることができるようになってきました

     

    私の場合の例はかなりマニアックだけど、

    タグに「セーター」「スカート」「子ども用」などと入れておくだけでも、

    今後編み図を探すときに役立ちますよ。

    今回は編み物について書きましたが、洋裁などされる方もぜひ参考にしてみてくださいね

     

    P.S. 最近、「使いたい」など欲求に関するタグは、全て「want」に統一しました!

     

     

    スマカジ生活でご紹介しているEvernoteの活用法をまとめてみました。

    スマカジ生活流 Evernoteの使い方まとめ

    こちらもぜひ御覧くださいね。

     

    Evernoteオールインワンガイド [ 小暮正人 ]

    スポンサーサイト

    このブログを気に入って下さった方は、facebookページの「いいね」をぜひぜひ!

    ブログの更新があったとき、facebookのタイムライン上に表示されます。


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。